Self-irradiation effect on thermal conductivity of (Pu$$_{0.91}$$Cm$$_{0.09}$$)O$$_{2}$$
(Pu$$_{0.91}$$Cm$$_{0.09}$$)O$$_{2}$$の熱伝導率の自己照射損傷効果
西 剛史; 高野 公秀; 赤堀 光雄; 荒井 康夫
Nishi, Tsuyoshi; Takano, Masahide; Akabori, Mitsuo; Arai, Yasuo
マイナーアクチノイド(MA)含有酸化物燃料の熱伝導率の保管時間依存性を明らかにするため、焼結体調製後、48, 264, 504、及び960時間経過した473, 523及び573Kにおける(Pu$$_{0.91}$$Cm$$_{0.09}$$)O$$_{2}$$の熱拡散率をレーザフラッシュ法により測定した。また、投下型熱量法により、熱伝導率を導出するために必要な比熱を測定した。熱伝導率の保管時間依存性は自己照射損傷による格子膨張モデルを用いた式で近似できるため、熱伝導率の減少は自己照射損傷による格子欠陥の蓄積によるものであることを確認した。
To clarify the storage duration dependence of the thermal conductivity of MA containing oxide fuel, the thermal diffusivity of (Pu$$_{0.91}$$Cm$$_{0.09}$$)O$$_{2}$$ was measured at 473, 523 and 573 K by a laser flash method using the sample stored for 48, 264, 504, and 960 h. The heat capacity was measured by a drop calorimetry to derive the thermal conductivity. It was confirmed that the degradation of the thermal conductivity was attributed to the accumulation of lattice defects caused by self-irradiation, because the storage duration dependence of the thermal conductivity could be approximated by the equation used for self-irradiation lattice expansion model.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 433
: 1-3
ページ数 : p.531 - 533
発行年月 : 2013/02
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : AA20120372
抄録集掲載番号 : 41000457
論文投稿番号 : 12117
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:40.3
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This