除染効果評価システムCDEの開発
Development of calculation system for decontamination effect, CDE
佐藤 大樹; 小嶋 健介; 大泉 昭人; 松田 規宏; 久語 輝彦; 坂本 幸夫*; 遠藤 章; 岡嶋 成晃
Satoh, Daiki; Kojima, Kensuke; Oizumi, Akito; Matsuda, Norihiro; Kugo, Teruhiko; Sakamoto, Yukio*; Endo, Akira; Okajima, Shigeaki
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県をはじめとする東日本各地では、除染による線量の低減化が期待されている。原子力機構では、除染作業で効果的に線量率を低減させる計画の立案を支援するため、除染効果評価システムCDE(Calculation system for Decontamination Effect)を開発した。CDEは、環境中に分布する放射性セシウムに対して作成した線量寄与データベースを用いて、適用する除染技術に応じた放射性物質の除去効果(除染係数)から、除染前後の空間線量率を計算する。これにより、除染効果を示す線量率の減少(線量率減少係数)が得られ、その結果は除染対象地域の地図上に可視化される。計算結果の妥当性は、3次元放射線輸送コードPHITSを用いた除染領域と線量低減効果の解析結果と比較して検討した。これにより、CDEは短時間の計算で、PHITSによる解析と同等の精度で結果を与えることが確認された。本報告書では、CDEの概要,計算手法,検証解析を示すとともに、付録として線量計算プログラムのソースコードと取扱説明書を掲載する。
A computer software, named CDE (Calculation system for Decontamination Effect), has been developed to support planning the decontamination. CDE calculates the dose rates before the decontamination by using a database of dose contributions by radioactive cesium. The decontamination factor is utilized in the prediction of the dose rates after the decontamination, and dose rate reduction factor is evaluated to express the decontamination effect. The results are visualized on the image of a target zone with color map. In this paper, the overview of the software and the dose calculation method are reported. The comparison with the calculation results by a three-dimensional radiation transport code PHITS is also presented. In addition, the source code of the dose calculation program and user's manual of CDE are attached as appendices.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2012-020
ページ数 : 97 Pages
発行年月 : 2012/08
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 合理的・効果的除染の計画策定を支援するために; 除染による空間線量率の低減を効率的に予測するソフトウェアの開発[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20120020
抄録集掲載番号 : 40001023
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This