検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

岩石型燃料を用いた軽水炉の研究,1; 岩石型燃料の直接処分シナリオ

Study for light water reactor with rock-like oxide fuel, 1; Scenario for direct disposal of rock-like oxide fuel

西原 健司; 岩村 公道*; 秋江 拓志; 白数 訓子

Nishihara, Kenji; Iwamura, Takamichi*; Akie, Hiroshi; Shirasu, Noriko

高速増殖炉に移行せず原子力を順次廃止するシナリオに対し、プルトニウム処分量を大幅に低減でき、直接処分に適した岩石型(ROX)燃料の導入を提案する。本研究では、2050年頃までに原子力発電を廃止すると仮定した場合に、ワンススルー,プルサーマル導入,ROX燃料導入の3つのシナリオにおけるアクチノイド核種の諸量評価を行った。また、それぞれの使用済燃料を直接処分した場合の地層処分場規模の比較を行った。その結果、岩石型(ROX)燃料を導入することで、処分場規模は縮小しないものの、ワンススルーシナリオに比べて直接処分されるPu量を減少させるとともに、核分裂性Puの割合を減らし自発核分裂割合を増やすことで、Puの核拡散抵抗性が高められることを示した。

Use of Rock-like oxide (ROX) fuel is proposed for the purpose of reduction of plutonium amount in the case of gradually stopping nuclear power generation without introducing fast breeder reactors. In this study, the mass flow and repository of three scenarios that is once-through, Pu-thermal and ROX, was analysed. As the result, amount and attractiveness as nuclear weapon of Pu was decreased in the ROX scenario in comparison with the once-through scenario, although the repository size was not reduced.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.