Separation and recovery of Cm from Cm-Pu mixed oxide samples containing Am impurity
Am不純物を含むCm-Pu混合酸化物試料からのCmの分離回収
林 博和; 萩谷 弘通; Kim, S.-Y.*; 森田 泰治; 赤堀 光雄; 湊 和生
Hayashi, Hirokazu; Hagiya, Hiromichi; Kim, S.-Y.*; Morita, Yasuji; Akabori, Mitsuo; Minato, Kazuo
$$^{244}$$Cmの壊変によって$$^{244}$$Cm-$$^{240}$$Pu混合酸化物となった40年前に製造された$$^{244}$$Cm酸化物試料を硝酸溶液中に溶解し、陰イオン交換樹脂カラムを用いてプルトニウムイオンを除去し、3級ピリジン型樹脂及び硝酸-メタノール溶液を用いたクロマトグラフ法によってAm不純物を除去したCm溶液を用いてCm酸化物の原料となるCmシュウ酸塩を調製した。調製したCmシュウ酸塩試料はCm化合物の調製及び物性測定用試料として供給した。
$$^{244}$$Cm was separated and recovered as an oxalate from $$^{244}$$Cm-$$^{240}$$Pu mixed oxide which had been $$^{244}$$Cm oxide sample prepared 40 years ago. Plutonium ions were removed from the solution prepared by dissolution of $$^{244}$$Cm-$$^{240}$$Pu mixed oxide in nitric acid, by using an anion exchange resin column. Curium oxalate, a precursor compound of curium oxide, was prepared from the purified curium solution and supplied for the syntheses and measurements of the thermochemical properties of curium compounds.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry
: 296
: 3
ページ数 : p.1275 - 1286
発行年月 : 2013/06
出版社名 : Springer
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: マイナーアクチノイド核変換用燃料の挙動評価に向けて; ミリグラム規模の高純度キュリウム試料の分離精製回収に成功[/]
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : AA20120240
抄録集掲載番号 : 41000892
論文投稿番号 : 12834
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:62.88
分野:Chemistry, Analytical
Altmetrics
Add This