検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

除染効果評価システムCDEを用いた除染計画の検討

Decontamination planning based on computer simulation code CDE

佐藤 大樹; 大泉 昭人; 松田 規宏; 小嶋 健介; 久語 輝彦; 坂本 幸夫*; 遠藤 章; 岡嶋 成晃

Satoh, Daiki; Oizumi, Akito; Matsuda, Norihiro; Kojima, Kensuke; Kugo, Teruhiko; Sakamoto, Yukio*; Endo, Akira; Okajima, Shigeaki

福島第一原子力発電所の事故により、環境中に放出された放射性物質に対する効率的な除染計画の立案を支援するために、除染効果評価システムCDEを開発した。CDEはグラフィカル・ユーザー・インターフェースを通した簡便な操作で、除染前後の空間線量率と除染効果(線量率減少係数)をシミュレーションし、その結果を除染対象領域の地形図上に可視化する。本稿では、CDEを用いた除染計画の検討方法の例として、福島県伊達市下小国地区を対象としたケーススタディの結果を示した。具体的には、集落において除染対象領域を順次拡大していった場合や除染方法を変更した場合の除染効果への影響を調べた。その結果、下小国地区の家屋周辺の空間線量率を効果的に低減させるには、一般的な除染方法を採用して、その周辺部の除染から実施することが望ましく、また畑やグラウンドを除染することで集落全体の空間線量率を下げることができるとわかった。本研究により、CDEのようなコンピュータ・シミュレーションを用いた除染計画検討の有用性が示された。

Decontamination planning based on a computer simulation code CDE is discussed in this paper. Large amount of radionuclides had been discharged to environment in the accident of the Tokyo Electronic Power Corporation Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. CDE has been developed to support planning the decontamination. From the present study, it is validated that the computer simulation is very useful to predict the effect of the scenario before actions, and to plan the decontamination.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.