検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

最新核データを用いた反射体効果に関する高速炉ベンチマーク計算

Benchmark calculations for reflector effect in fast cores by using recent nuclear libraries

福島 昌宏; 石川 眞; 沼田 一幸*; 神 智之*

Fukushima, Masahiro; Ishikawa, Makoto; Numata, Kazuyuki*; Jin, Tomoyuki*

高速炉領域の弾性散乱の角度分布が中性子増倍率に大きな感度を持つことが指摘されている。そこで、最新の核データであるJENDL-4.0及びENDF/B-VII.1を用いて、FCA及び「常陽」の高速炉心の実効増倍率に対するベンチマーク計算を実施し、ステンレス(SS)反射体及び天然ウラン(U)ブランケット付き炉心の結果を比較することにより、反射体効果に関する分析を行った。その結果、同一の燃料組成を持つFCA X-1及びX-2炉心の比較により、反射体付きのX-2炉心でのJENDL-4.0及びENDF/B-VII.1の差異は、構造材の散乱角平均余弦及び弾性散乱断面積に起因することを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.