検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

燃焼感度解析を用いた軽水炉MOX燃料中MA生成量の不確かさ評価

Uncertainty evaluation for MA production in LWR MOX fuel with use of burnup sensitivity analysis

大泉 昭人; 横山 賢治; 石川 眞; 久語 輝彦

Oizumi, Akito; Yokoyama, Kenji; Ishikawa, Makoto; Kugo, Teruhiko

マイナーアクチノイド(MA)生成量評価は、廃止措置,輸送,保管,処理・処分等の核燃料サイクル全般における発熱量、放射線発生量評価等の基本データとして重要である。本報では、軽水炉MOX燃料のMA生成量について感度解析を行い、その不確かさに対する核種・反応ごとの寄与を分析し、不確かさ低減に効果的な核種・反応を同定して、核データ精度向上への指針を示す。結果の一例として、Cm-244の場合、Cm-244自身よりも、Pu-241, Pu-242, Am-243の核データの不確かさを低減することが、Cm-244生成量の不確かさの低減に有効であることがわかった。他の核種についても同様な評価が可能であり、燃焼感度解析を用いることにより、優先すべき核種の同定など、核データの不確かさ低減に向けた情報提供が容易に可能である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.