Fundamental research on actinide materials for sustainable fuel cycles in JAEA
原子力機構における持続性のある燃料サイクル確立を目的としたアクチノイド物質の基盤研究
荒井 康夫
Arai, Yasuo
原子力機構では将来の燃料サイクル確立に必要なアクチノイド科学データベースを発展させることを目的として、アクチノイド物質を対象とした基盤研究を行っている。そこではアクチノイド物質の中でも、プルトニウム及びマイナーアクチノイド含有化合物を主な研究対象としている。本稿では、最近の数年間に得られたプルトニウム及びマイナーアクチノイド含有酸化物に関する研究成果を紹介する。さらに、福島第一原子力発電所事故以降の新たな課題に貢献するためのアクチノイド科学の役割についても簡単に触れる。
The fundamental research on actinide materials has been carried out in order to contribute to the development of future nuclear fuel cycle and actinide science database. Among actinide materials, the R&D has been focused on Pu and minor actinide (MA; Np, Am, Cm) bearing compounds. The chemical forms of actinide compounds concerned include oxides, nitrides, chlorides and alloys, which are prepared, characterized and subjected to property measurements. In this paper those results on Pu and MA bearing oxides obtained in recent several years are summarized. In addition, the possible challenges of actinide materials research to the subjects of post severe accident of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station are briefly discussed.
使用言語 : English
掲載資料名 : Procedia Chemistry
: 7
:
ページ数 : p.425 - 430
発行年月 : 2012/00
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : 4th International ATALANTE Conference on Nuclear Chemistry for Sustainable Fuel Cycles (ATALANTE 2012)
開催年月 : 2012/09
開催都市 : Montpellier
開催国 : France
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20121042
抄録集掲載番号 : 40001401
論文投稿番号 : 11483
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This