Extension of a nuclear reaction calculation code CCONE toward higher incident energies; Multiple preequilibrium emission, and spectrum in laboratory system
核反応計算コードCCONEの高入射エネルギーへの拡張; 前平衡多粒子放出と実験室系スペクトル
岩本 修
Iwamoto, Osamu
核反応計算コードCCONEについて、20MeV以上の入射エネルギーに対する計算の信頼性を向上させるための拡張を行った。前平衡過程からの多粒子放出を取り入れた。また、粒子放出による複合核の速度変化を考慮し、実験室系のスペクトルを得た。$$^{27}$$Alに対する核子入射による中性子,陽子放出スペクトルに対し、計算結果を実験値及び評価値と比較した。20から200MeVの範囲において、測定データと比較的良い一致が得られた。特に高エネルギー入射反応において、スペクトルの低エネルギー部分で、JENDL/HE-2007より良い一致を示した。
The CCONE code have been upgraded to improve reliabilities for incident energies higher than 20 MeV. Multiple emission from the pre-equilibrium exciton model was implemented. The effects of change of velocities of composite nucleus in calculation of spectrum in laboratory system were taken into accounts using average velocity approximation. The calculated results were compared with experimental and evaluated data for the nucleon emission spectra for proton and neutron induced reactions for $$^{27}$$Al. The present results shows reasonably good agreements with experimental data between 20 to 200 MeV. It was found that the present results shows better agreements with experimental data than those of JENDL/HE-2007 especially in low emission energy regions for high incident energy reactions.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 50
: 4
ページ数 : p.409 - 418
発行年月 : 2013/04
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20120373
抄録集掲載番号 : 41000782
論文投稿番号 : 12631
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:46.57
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This