Radioactive tracer $$^{132}$$Cs (TRACs) for Fukushima Nuclear Power Plant accident
福島第一原子力発電所事故のための放射性トレーサー・セシウム132
永井 泰樹; 牧井 宏之; 並木 伸爾; 岩本 修; 岩本 信之; 澤幡 浩之*
Nagai, Yasuki; Makii, Hiroyuki; Namiki, Shinji; Iwamoto, Osamu; Iwamoto, Nobuyuki; Sawahata, Hiroyuki*
半減期が6.5日の$$^{132}$$Csを福島第一原子力発電所事故の人・動物・農作物への影響を定量的に調べるために、放射性トレーサーとして利用することを提案した。$$^{132}$$Csは668keVの$$gamma$$線を放出し、$$^{137}$$Csの662keV$$gamma$$線とエネルギーが近接しており、$$^{137}$$Csの影響を模試するうえで重要な役目をすると期待される。この$$^{132}$$Csは、$$^{133}$$Cs(n,2n)$$^{132}$$Csで十分な量が生成可能である。
We propose to use the radionuclide $$^{132}$$Cs as a tracer. $$gamma$$-ray energy of the most intense line from the decay of $$^{132}$$Cs is 668 keV, which is very near to that of the 662 keV from the decay of $$^{137}$$Cs, while the half-life of $$^{132}$$Cs is 6.5 d. $$^{132}$$Cs can be produced by nuclear reactions such as $$^{133}$$Cs(n,2n)$$^{132}$$Cs, $$^{133}$$Cs(r,n)$$^{132}$$Cs or $$^{132}$$Xe(p,n)$$^{132}$$Cs. The $$^{132}$$Cs tracer would be useful in the quantitative studies of radionuclide $$^{137}$$Cs contaminant in human, and in any experimental studies in the minimization of radionuclide $$^{137}$$Cs contamination in agricultural and stock farming products.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of the Physical Society of Japan
: 81
: 8
ページ数 : p.085003_1 - 085003_2
発行年月 : 2012/08
出版社名 : 日本物理学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東京大学
 
登録番号 : AA20120424
抄録集掲載番号 : 40001185
論文投稿番号 : 11233
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Physics, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This