慢性摂取による内部被ばく線量評価コードの開発
Development of internal dosimetry evaluation code for chronic exposure
木村 仁宣; 木名瀬 栄; 波戸 真治*
Kimura, Masanori; Kinase, Sakae; Hato, Shinji*
福島第一原子力発電所事故が発生し、環境中に放出された放射性物質を長期間にわたり摂取し続ける、いわゆる慢性摂取による公衆の内部被ばくが懸念されたことから、慢性摂取に対し、最新知見に基づく信頼性の高い内部被ばく線量評価手法の確立が重要となった。内部被ばく線量係数計算システムDSYSは、原子力機構が開発したレベル3PSAコードOSCAARで公衆の内部被ばく線量を計算するために必要な線量係数を整備する支援コードであり、ICRPが規定した呼吸気道モデル(Publ.66)、胃腸管モデル(Publ.30)、代謝・体内動態モデル(Publ.30, 56, 67, 69, 71, 72)、膀胱モデル(Publ.67)及び線量評価モデル(Publ.56)に準拠したものである。しかし、DSYSは、急性摂取を仮定した上記のICRPの線量評価手法に基づく計算コードであるため、慢性摂取による体内の残留放射能、預託実効/等価線量などを評価するには適切なものではなかった。そこで、慢性摂取による線量評価手法を検討するとともにDSYSの機能を拡張することで、慢性摂取による内部被ばく線量評価コードDSYS-Chronicを開発した。本報告書では、DSYS-Chronicの概要とその評価例を示す。
The Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident resulted in a wide range of radioactive contamination. As a result, the public concerns the internal doses for chronic exposure due to intake in daily life. To reduce some concerns, it is important to develop the evaluation method of chronic internal dose. The JAEA developed the DSYS code that calculates internal dose to the public with dose coefficients and treats dose assessment of internal exposure due to acute intake based on the ICRP's Publications (Publ.30, 56, 66, 67, 69, 71, 72). Therefore, it cannot apply to the evaluation of whole-body retention values or committed effective/equivalent dose for chronic exposure. In the present study, the authors considered the evaluation method of chronic internal dose and developed the DSYS-Chronic to evaluate chronic internal dose by incorporating into the DSYS code. This report shows the outline of the DSYS-Chronic code and the example of evaluation results.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2012-027
ページ数 : 27 Pages
発行年月 : 2013/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
 
登録番号 : DC20120027
抄録集掲載番号 : 41000271
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This