Proposal of neutron resonance densitometry for particle like debris of melted fuel using NRTA and NRCA
粒子状溶融燃料の中性子共鳴透過分析法(NRTA)と中性子共鳴捕獲分析法(NRCA)を組合せた中性子共鳴濃度分析法の提案
小泉 光生; 北谷 文人; 原田 秀郎; 高峰 潤; 呉田 昌俊; 瀬谷 道夫; 土屋 晴文; 飯村 秀紀
Koizumi, Mitsuo; Kitatani, Fumito; Harada, Hideo; Takamine, Jun; Kureta, Masatoshi; Seya, Michio; Tsuchiya, Harufumi; Iimura, Hideki
東京電力福島第一原子力発電所の解体・更地化の際、溶融燃料中の核物質の計量管理を求められる可能性がある。取り出された溶融燃料は、形状や大きさ、さらに構成要素やその割合がわからないので、核物質の定量は非常に難しいと考えられる。またそのため、定量方法は決められていない。本講演では、中性子共鳴濃度分析法(Neutron Resonance Densitometry (NRD))による粒子状溶融燃料中の核物質測定を提案する。この手法は、Neutron Resonance Transmission Analysis (NRTA)とNeutron Resonance Capture Analysis (NRCA)もしくはPrompt Gamma ray Analysis (PGA)の2つの手法を組合せたもので、パルス中性子源を装備した飛行時間法(TOF)測定装置を用いる。
The melted fuel (MF) of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant of the Tokyo Electric Power Company will be taken out to dismantle the reactors. At that time, quantification of nuclear materials (NM) in the melted fuel (MF) is probably required. Quantification of NMs in debris is, however, considered to be difficult because of their variety of size, shape and unknown compositions. Consequently, quantification methods have not been established so far. In this paper, we propose a method, neutron resonance densitometry (NRD), for quantification of NMs in particle like debris of MF. Techniques of neutron resonance transmission analysis (NRTA) and neutron resonance capture analysis (NRCA) or prompt $$gamma$$ ray analysis (PGA) are combined. A time of flight (TOF) system is introduced for the measurements.
使用言語 : English
掲載資料名 : 核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット)
:
:
ページ数 : 8 Pages
発行年月 : 2012/10
出版社名 : 核物質管理学会
発表会議名 : 第33回核物質管理学会日本支部年次大会
開催年月 : 2012/10
開催都市 : 東京
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20121598
抄録集掲載番号 : 41000550
論文投稿番号 : 12262
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This