Overview of the PHITS code and its application to medical physics
PHITSの概要とその医学物理への応用
佐藤 達彦; 仁井田 浩二*; 松田 規宏; 橋本 慎太郎; 岩元 洋介; 野田 秀作; 岩瀬 広*; 中島 宏; 深堀 智生; 千葉 敏; Sihver, L.*
Sato, Tatsuhiko; Niita, Koji*; Matsuda, Norihiro; Hashimoto, Shintaro; Iwamoto, Yosuke; Noda, Shusaku; Iwase, Hiroshi*; Nakashima, Hiroshi; Fukahori, Tokio; Chiba, Satoshi; Sihver, L.*
PHITSとは、原子力機構・高度情報科学技術研究機構(RIST)・高エネルギー加速器研究機構が中心となって開発している汎用の粒子・重イオン輸送計算コードであり、RIST・OECD/NEA・RSICCを通じて世界中に配布されている。PHITSを医学物理計算に応用するため、イベントジェネレータモードとマイクロドジメトリ機能と呼ばれる2つの独自機能を開発し、PHITSに組み込んだ。これらの機能とマイクロドジメトリ運動学モデル(MKM)を組合せれば、任意の照射条件に対する人体内での生物学的線量を計算することができ、放射線治療による治療効果を精度よく推定可能となる。発表では、PHITSの概要について紹介するとともに、これら2つの機能に関して詳しく解説する。
PHITS is a general purpose 3-dimensional Monte-Carlo particle transport simulation code developed under collaboration of Japan Atomic Energy Agency (JAEA), Research Organization for Information Science and Technology (RIST), High Energy Accelerator Research Organization (KEK) and a couple of other institutes in Japan and Sweden. General features of the PHITS code together with details of the established model will be presented at the meeting.
使用言語 : English
掲載資料名 : Progress in Nuclear Science and Technology (Internet)
: 4
:
ページ数 : p.879 - 882
発行年月 : 2014/04
出版社名 : 日本原子力学会
発表会議名 : 12th International Conference on Radiation Shielding (ICRS-12) and 17th Topical Meeting of the Radiation Protection and Shielding Division of the American Nuclear Society (RPSD 2012)
開催年月 : 2012/09
開催都市 : Nara
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20121422
抄録集掲載番号 : 42000793
論文投稿番号 : 14421
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This