Syntheses and thermal analyses of curium trichloride
キュリウム三塩化物の調製と熱分析
林 博和; 高野 公秀; 音部 治幹; 小山 正史*
Hayashi, Hirokazu; Takano, Masahide; Otobe, Haruyoshi; Koyama, Tadafumi*
窒化キュリウムと塩化カドミウムを真空中で748K以下で加熱し、三塩化キュリウム試料を固体反応によって調製した。調製した六方晶$$^{244}$$CmCl$$_3$$の格子定数はa=0.7385$$pm$$0.0005nm、c= 0.4201$$pm$$0.0005nm、示差熱分析法によって測定した融解温度は970$$pm$$3Kであり、これらの物性値は、既報告値とよく一致した。分離精製したキュリウム酸化物試料を原料としてmgスケールのCmCl$$_3$$試料を腐食性の試薬を使用せずに調製できることを示した。
Curium trichloride was synthesized by the solid state reaction of curium nitride with cadmium chloride heated from room temperature to 748K in a dynamic vacuum. The product was hexagonal $$^{244}$$CmCl$$_3$$, of which lattice parameters were determined to be a= 0.7385$$pm$$0.0005 and c= 0.4201$$pm$$0.0005 nm. The melting temperature of the $$^{244}$$CmCl$$_3$$ sample was determined to be 970$$pm$$3 K by differential thermal analyses using a gold crucible. These values are close to those reported in literatures. The results show that mg-scale CmCl$$_3$$ samples for thermochemical measurements were prepared from the purified oxide sample without the use of corrosive reagents.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry
: 297
: 1
ページ数 : p.139 - 144
発行年月 : 2013/07
出版社名 : Springer
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省電力中央研究所
 
登録番号 : AA20120658
抄録集掲載番号 : 41001013
論文投稿番号 : 12967
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:75.26
分野:Chemistry, Analytical
Altmetrics
Add This