High temperature reaction between sea salt deposit and (U,Zr)O$$_{2}$$ simulated corium debris
海水塩と(U,Zr)O$$_{2}$$系模擬燃料デブリの高温反応
高野 公秀; 西 剛史
Takano, Masahide; Nishi, Tsuyoshi
福島第一原子力発電所事故で生成した燃料デブリの物理的,化学的状態に及ぼす海水塩析出物の影響を明らかにするため、海水塩と(U,Zr)O$$_{2}$$模擬燃料デブリを用いた高温反応性試験を1088Kから1668Kの温度範囲で行った。空気中1275Kでの加熱により、Ca及びNaのウラン酸塩からなる緻密な層がペレット状デブリの表面に生成し、その厚さは12時間の加熱に対して50$$mu$$m以上であった。一方、酸素分圧が低い条件では、Caがデブリ中に溶解し固溶体を形成することを明らかにした。同じ加熱温度,時間に対して、表面からの拡散深さは5-6$$mu$$m程度であった。デブリ表面上には成長したMgO結晶が主要な残渣として残り、その一部は、より高温下で徐々にデブリ中に固溶する。
In order to clarify the possible impacts of sea salt deposit on the chemical and physical state of the fuel debris formed in the severe accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, the high temperature reaction between sea salt deposit and (U,Zr)O$$_{2}$$ simulated fuel debris (sim-debris) was examined in the temperature range from 1088 to 1668 K. The dense layer of calcium and/or sodium uranate formed on the surface of sim-debris pellet at 1275 K under airflow, with the thickness of over 50 $$mu$$m. When the oxygen partial pressure is low, calcium likely dissolve into the sim-debris to form solid solution. The diffusion depth was 5-6 $$mu$$m from the surface at 1275 K for 12 h. The crystalline MgO remains as the main residue stuck on the surface. A part of it can dissolve into the sim-debris depending on the temperature.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 443
: 1-3
ページ数 : p.32 - 39
発行年月 : 2013/09
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : Nuclear Materials Conference 2012 (NuMat 2012)
開催年月 : 2012/10
開催都市 : Osaka
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 高温の炉心に注水した海水から何ができるか; 燃料デブリと海水塩の高温反応生成物を調べる[/]
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20122235
抄録集掲載番号 : 41001089
論文投稿番号 : 13088
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:49.14
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This