使用済核燃料の非破壊分析における統計誤差
Statistical precision of ERL-based NDA for spent fuel
静間 俊行; 早川 岳人; Angell, C.; 羽島 良一; 湊 太志; 須山 賢也; 瀬谷 道夫
Shizuma, Toshiyuki; Hayakawa, Takehito; Angell, C.; Hajima, Ryoichi; Minato, Futoshi; Suyama, Kenya; Seya, Michio
使用済み核燃料中の核物質の非破壊分析は核セキュリティーや保障措置における重要な課題である。われわれは、そのような非破壊分析法として、単色$$gamma$$線を用いた核共鳴蛍光散乱による分析技術の開発を進めている。使用済み核燃料の測定では、放射性核種からの$$gamma$$線が問題となる。今回、ORIGEN2燃焼コードを用いてバックグラウンド$$gamma$$線の量を求め、核共鳴蛍光散乱を用いた非破壊分析おける計測誤差の評価を行った。
Nondestructive assay (NDA) of nuclear materials in spent fuel is a crucial technology in nuclear security and safeguards perspectives. A technique based on nuclear resonance fluorescence (NRF) with a mono-energetic $$gamma$$ source is one that has been proposed as such NDA systems. By calculating the background $$gamma$$ rays from spent fuel, the statistical precision of the proposed NRF-based NDA system was evaluated.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : JAEA-Conf 2013-001
:
:
ページ数 : p.139 - 141
発行年月 : 2013/09
出版社名 :
発表会議名 : 第13回光量子科学研究シンポジウム
開催年月 : 2012/11
開催都市 : 木津川
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20122502
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 17779
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This