Evaluation of neutron nuclear data of Praseodymium-141 and -143
プラセオジム141と143の中性子核データの評価
湊 太志
Minato, Futoshi
次期の汎用核データJENDLに利用するため、$$^{141,143}$$Prの20MeVまでの高速中性子反応断面積を、実験から得られた断面積と放出粒子のスペクトルをもとに評価を行った。全断面積は光学模型ポテンシャルを用いて計算し、複合核過程に加えて前平衡過程及び直接反応過程も考慮した。統計模型計算は共鳴領域以上の断面積の計算において実行した。実験データの少ない不安定核である$$^{143}$$Prの光学ポテンシャルは$$^{141}$$Prと同じポテンシャルを用いて計算を行った。今回の評価結果は最新の実験データを反映し、他の実験データともよく整合している。この結果は、次期のJENDLにENDFフォーマットに変換され組み込まれる予定である。
For the next version of JENDL general purpose file, neutron nuclear data on $$^{141,143}$$Pr are evaluated considering cross sections and spectra provided from experiments in the fast neutron energy region up to 20 MeV. Total cross section is derived from optical model. Pre-equilibrium and direct-reaction processes are taken into account in addition to the compound process. The statistical model is applied to calculate the cross sections above the resolved resonance region. For unstable $$^{143}$$Pr nuclide having less experimental data, we use the same optical potential as $$^{141}$$Pr. The resolved resonance parameter remains unchanged from JENDL-4.0. The present evaluations are consistent with experimental data, reflecting new measured one. The evaluated data are compiled into an ENDF-formatted data file for the next version of JENDL.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 50
: 9
ページ数 : p.873 - 882
発行年月 : 2013/09
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20121049
抄録集掲載番号 : 41001092
論文投稿番号 : 13091
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:78.56
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This