R-matrix analysis for n + $$^{16}$$O cross-sections up to E$$_{rm n}$$ = 6.0 MeV with covariances
6MeVまでのエネルギー領域における$$^{16}$$O中性子断面積及び共分散のR行列理論に基づく解析
国枝 賢; 河野 俊彦*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; 柴田 恵一; 深堀 智生
Kunieda, Satoshi; Kawano, Toshihiko*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; Shibata, Keiichi; Fukahori, Tokio
酸素は原子力工学において重要な原子核の一つである。しかしながら、$$^{16}$$O($$n,alpha$$)断面積に関しては測定値及び評価済データ間には未だ大きな差があり、軽水炉の燃焼計算等で問題となっている。また、近年では積分計算のマージンを推定するために評価済断面積の誤差が求められている。本研究では断面積測定データに対してR行列理論解析を行い、共鳴領域における$$^{16}$$Oの中性子断面積と誤差の推定を行った。解析には中性子のみならず逆反応断面積の測定データも考慮し、各測定データに対しては系統誤差も考慮した。得られた断面積及び誤差の結果は測定と理論双方の知見を反映する。
Oxygen is one of the most important materials in nuclear applications. However, there are big discrepancies among experimental and evaluated data in $$^{16}$$O($$n,alpha$$) cross section. Also, there are increasing demands for giving uncertainties in evaluated cross section to estimate the margin of integral calculations. We analyzed experimental cross sections with R-matrix theory, and estimated cross sections with their uncertainties. In this analysis, not only the neutron but also an inverse reactions were included. The systematic uncertainties were also considered for each measurement. The resulting cross sections and uncertainties mirror both experimental and theoretical knowledges.
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Data Sheets
: 118
:
ページ数 : p.250 - 253
発行年月 : 2014/04
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013)
開催年月 : 2013/03
開催都市 : New York
開催国 : U. S. A.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20123073
抄録集掲載番号 : 42001298
論文投稿番号 : 14937
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:48.3
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This