検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

内部被ばく検査を受検した福島県民の意識,2

Awareness of Fukushima residents in internal dosimetry by using whole body counters, 2

古野 朗子; 杉山 顕寿; 米澤 理加; 郡司 郁子; 徳永 博昭*; 堀越 秀彦*

Furuno, Akiko; Sugiyama, Kenji; Yonezawa, Rika; Gunji, Ikuko; Tokunaga, Hiroaki*; Horikoshi, Hidehiko*

原子力機構では、機構内で実施している内部被ばく検査時に、受検者の意識調査を実施している。前回は、平成23年7月から12月までに受検した、避難指示区域住民の意識について発表した。今回はさらに避難区域外のいわき市・郡山市も対象に含め、事故から1年半後までの意識変化についても併せて解析した。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has conducted internal dosimetry by using Whole Body Counter (WBC) on Fukushima residents since July 2011.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.