Development of a resonant laser ionization gas cell for high-energy, short-lived nuclei
高エネルギー短寿命核のためのレーザー共鳴イオン化ガスセルの開発
園田 哲*; 和田 道治*; 富田 英生*; 坂本 知佳*; 高塚 卓旦*; 古川 武*; 飯村 秀紀; 伊藤 由太*; 久保 敏幸*; 松尾 由賀利*; 三田 浩希*; Naimi, S.*; 中村 聡佑*; 能任 琢真*; Schury, P.*; 篠塚 勉*; 涌井 崇志*; 宮武 宇也*; Jeong, S. C.*; 石山 博恒*; 渡辺 裕*; 平山 賀一*; 岡田 邦宏*; 高峰 愛子*
Sonoda, Tetsu*; Wada, Michiharu*; Tomita, Hideo*; Sakamoto, Chika*; Takatsuka, Takaaki*; Furukawa, Takeshi*; Iimura, Hideki; Ito, Yuta*; Kubo, Toshiyuki*; Matsuo, Yukari*; Mita, Hiroki*; Naimi, S.*; Nakamura, Sosuke*; Noto, Takuma*; Schury, P.*; Shinozuka, Tsutomu*; Wakui, Takashi*; Miyatake, Hiroari*; Jeong, S. C.*; Ishiyama, Hironobu*; Watanabe, Yutaka*; Hirayama, Yoshikazu*; Okada, Kunihiro*; Takamine, Aiko*
ガスセル中でのレーザー共鳴イオン化を用いた新しいタイプのイオン源を開発した。このイオン源は、ガスセル中に入射した放射性核種の原子を、レーザーでイオン化して、オンラインで質量分離するためのものである。このイオン源の特長は、ガスセルからイオンを引き出す出口に六極イオンガイドを付けて差動排気することにより、同位体分離装置を高真空に保ちながらガスセルの出口径を大きくした点にある。これによって、ガス中でイオン化されたイオンの引出し時間が短くなり、より短寿命の放射性核種の分離が可能となった。このイオン源は、理化学研究所の放射性イオンビーム施設(RIBF)で使用される予定である。
no abstracts in English
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B
: 295
:
ページ数 : p.1 - 10
発行年月 : 2013/01
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20120934
抄録集掲載番号 : 41001022
論文投稿番号 : 12978
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:4.46
分野:Instruments & Instrumentation
Altmetrics
Add This