瑞浪超深地層研究所における工学技術に関する検討; 平成21年度,平成22年度(委託研究)
Study on engineering technologies in the Mizunami Underground Research Laboratory; FY2009-2010 (Contract research)
井尻 裕二*; 納多 勝*; 延藤 遵*; 松井 裕哉; 見掛 信一郎; 橋詰 茂
Ijiri, Yuji*; Noda, Masaru*; Nobuto, Jun*; Matsui, Hiroya; Mikake, Shinichiro; Hashizume, Shigeru
超深地層研究所計画では、「研究坑道の設計・施工計画技術の開発」、「研究坑道の建設技術の開発」、「研究坑道の施工対策技術の開発」、「安全性を確保する技術の開発」を目的として、工学技術に関する研究を進めている。本研究では、これら4項目の工学技術研究として、深度460mまでの研究坑道の施工によって取得された計測データを用いて、設計の妥当性の検討や施工管理のための計測結果の分析と課題の抽出、パイロットボーリングから得られた情報の有効性に関する評価を行うとともに、研究坑道掘削工事で適用される技術の抽出と有効性評価を実施し、今後の技術開発の方向性について検討を加えた。
The researches on engineering technology in the Mizunami Underground Research Laboratory plan consists of (1) research on engineering technology at a deep underground, and (2) research on engineering technology as abasis of geological disposal. The former research mainly aimed in this study are categorized in (a) development of design and construction planning technologies, (b) development of construction technology, (c) development of countermeasure technology, (d) development of technology for security. In this study, the researches on engineering technology are proceeded in these four categories by using data measured down to GL-460m during construction as a part of the second phase of the MIU plan.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-047
ページ数 : 819 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 清水建設大成建設大林組
 
登録番号 : TN20130047
抄録集掲載番号 : 42000567
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This