アスベストと建築資材のレーザー誘起蛍光減衰比の比較研究
Comparative Study on Decay Ratios of Laser-induced Fluorescence between Asbestos and Building Materials
大図 章; 江坂 文孝; 安田 健一郎
Ozu, Akira; Esaka, Fumitaka; Yasuda, Kenichiro
レーザー誘起蛍光の減衰率でアスベストを他の建築物質と識別する目的で波長266nmの紫外レーザー光を用いて5種類のアスベストと6種類の建築材料物質の350から700nmのレーザー誘起蛍光の減衰率及び減衰率の波長依存性を調査し比較評価した。その結果、各々の蛍光の減衰率は、波長に対して一様でなく波長及び時間で変化することがわかった。また、ロックファイバーを除くすべての物質では波長500nm以上の蛍光は500nm以下の蛍光よりも早く減衰した。さらに、アスベストを他の建築材料物質と精度よく識別又は同定するには、入射レーザーパルスからの遅延時間10nsで波長405から420nmの波長領域の減衰率の比較が最適であることがわかった。
Decay ratios of the laser-induced fluorescence emitted from five types of asbestos and six types of building materials in the broad wavelength region from 350 to 700 nm were investigated by using an ultraviolet laser pulse of 266 nm. Dependence of the decay ratios on the wavelength were compared, and evaluated in an attempt to numerically discriminate asbestos from the other building materials. It was observed that the decay ratios of each material were not constant over the wavelength region and varied in the wavelength over time. The fluorescence of asbestos and the building materials except for rock fiber at above 500 nm decayed faster than that at below 500 nm. The wavelength region from 405 to 420 nm was found optimum to identify types of asbestos and to discriminate asbestos from the building materials by comparing the decay ratio at the delay time of 10 ns after the incidence of laser pulse.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 分析化学
: 63
: 7
ページ数 : p.609 - 617
発行年月 : 2014/07
出版社名 : 日本分析化学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20130047
抄録集掲載番号 : 42001004
論文投稿番号 : 14664
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This