Investigation of a LiCl-KCl-UCl$$_{3}$$ system using a combination of X-ray diffraction and differential thermal analyses
X線解析及び示差熱分析を用いたLiCl-KCl-UCl$$_{3}$$状態図の調査
仲吉 彬; 北脇 慎一; 福嶋 峰夫; 村上 毅*; 倉田 正輝
Nakayoshi, Akira; Kitawaki, Shinichi; Fukushima, Mineo; Murakami, Tsuyoshi*; Kurata, Masaki
乾式再処理の主要工程である電解精製では、LiCl-KCl共晶塩にアクチノイド元素(An)を溶融させたLiCl-KCl-AnCl$$_{3}$$塩浴を用いて、陰極にU及びAnを電気化学的手法により回収する。LiCl-KCl-AnCl$$_{3}$$系の状態図の知見は、プロセスの運転やメンテナンスにおいて、非常に重要である。これまでにLiCl-KCl-AnCl$$_{3}$$に関する報告例はほとんどないため、本研究では、LiCl-KCl(59:41mol%)共晶塩とUCl$$_{3}$$の擬似2元系の相状態及びLiCl-KCl-AnCl$$_{3}$$系の状態図を調べた。
Electrorefining is one of the main steps of pyroreprocessing where spent nuclear fuels are recycled. Electrorefining is conducted in a molten salt of LiCl-KCl eutectic (59:41 mol%) containing actinide chlorides (AnCl$$_{3}$$) at 773 K. In order to operate and maintain the electrorefiner, it is necessary to accumulate fundamental data on LiCl-KCl-AnCl$$_{3}$$ salt such as the melting point. In this study, based on X-ray diffraction and differential thermal analysis, a partial phase diagram of (LiCl-KCl)eut.-UCl$$_{3}$$ pseudo-binary system and partial phase diagram of LiCl-KCl-UCl$$_{3}$$ system were developed, which UCl$$_{3}$$ concentration was up to 20 mol%.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 441
: 1-3
ページ数 : p.468 - 472
発行年月 : 2013/10
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 電力中央研究所
 
登録番号 : AA20120953
抄録集掲載番号 : 41001262
論文投稿番号 : 13249
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:31.11
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This