Progress in developing nuclear reaction calculation code CCONE for high energy nuclear data evaluation
高エネルギー核データ評価のための核反応計算コードCCONEの開発の進展
岩本 修
Iwamoto, Osamu
高エネルギー核データ評価のため核反応計算コードCCONEを拡張し、前平衡励起子モデルからの複数粒子放出計算を可能にした。粒子放出によって生成されるすべての残留核に対し、励起子状態を順次計算することによって拡張を行った。さらに、岩本・原田クラスター融合モデルを取り入れることによって、$$alpha$$粒子などのクラスター放出計算の精度を向上させた。軽粒子放出スペクトルの計算結果を測定及び評価データと比較した。
A nuclear reaction calculation code CCONE has been extended to be able to calculate multiple particle emission in the pre-equilibrium exciton model to evaluate high energy nuclear data. It is realized by sequential calculation of exciton states for all residual nuclei left by particle emissions. In addition, Iwamoto-Harada cluster coalescence model has been incorporated in the multiple-emission exciton model to improve calculation accuracies of cluster emission spectra such as alpha particles. The calculated results of light particle emission spectra are compared with experimental data and evaluated data.
使用言語 : English
掲載資料名 : Nuclear Data Sheets
: 118
:
ページ数 : p.204 - 207
発行年月 : 2014/04
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013)
開催年月 : 2013/03
開催都市 : New York
開催国 : U. S. A.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20123587
抄録集掲載番号 : 42000984
論文投稿番号 : 14644
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:44.32
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This