An Attempt to select thermodynamic data and to evaluate the solubility of radioelements with uncertainty under HLW disposal conditions
熱力学データの選定及びそれらを用いたHLW処分場の不確実さを有する溶解度評価の試み
山口 徹治; 武田 聖司; 西村 優基; 飯田 芳久; 田中 忠夫
Yamaguchi, Tetsuji; Takeda, Seiji; Nishimura, Yuki; Iida, Yoshihisa; Tanaka, Tadao
熱力学データを不確実さとともに選定し、放射性元素の溶解度を地下水化学組成の変動を考慮して、不確実さとともに評価することを試みた。熱力学データは2012年に公開されたJAEA-TDBをレビューすることにより選定した。Nb, Pd, Paのデータは、データ選定プロセスの整合性の観点で見直した。Se, U, Paのデータは溶解度評価の保守性の観点で見直した。Zr, Th, U, Np, Puについては近年報告されたCa-metal(IV)-OH 3元錯体 のデータを採用した。モンテカルロ法を用いて確率論的に溶解度を解析するコードPA-SOLを用いて、溶解度の確率論的解析を行った。
An attempt was made to select thermodynamic data with uncertainties and to evaluate the solubility of radioelements with uncertainties considering variation in groundwater chemistry. The thermodynamic data was selected by reviewing the JAEA-TDB released in 2012. Data for Nb, Pd and Pa were revised from the viewpoint of the consistency of the data selection process. Data for Se, U and Pa were revised from the viewpoint of the conservativeness. Up-to-date ternary calcium-metal(IV)-OH complexes were adopted for Zr, Th, U, Np and Pu. A Monte Carlo-based probabilistic calculation code, PA-SOL, was used for probabilistic analysis of the solubility.
使用言語 : English
掲載資料名 : Radiochimica Acta
: 102
: 11
ページ数 : p.999 - 1008
発行年月 : 2014/11
出版社名 : Oldenbourg Wissenschaftsverlag
発表会議名 : 14th International Conference on the Chemistry and Migration Behaviour of Actinides and Fission Products in the Geosphere (Migration 2013)
開催年月 : 2013/09
開催都市 : Brighton
開催国 : U. K.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 原子力規制委員会原子力規制庁
 
登録番号 : BB20130035
抄録集掲載番号 : 42001457
論文投稿番号 : 15083
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:74.71
分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear
Altmetrics
Add This