グローブボックス用導電性グローブの開発; グローブの試作および性能評価
Development of the conductive glove for glove box operation; Production of prototypes and their experimental results
古田土 和雄; 江沼 誠仁; 川崎 猛; 野上 嘉能; 金子 一徳; 木村 真則*; 安森 友和*
Kodato, Kazuo; Enuma, Masahito; Kawasaki, Takeshi; Nogami, Yoshitaka; Kaneko, Kazunori; Kimura, Masanori*; Yasumori, Tomokazu*
核燃料施設におけるグローブボックス用グローブには、素材としてクロロスルフォン化ポリエチレン系合成ゴム(以下、CSMゴムという)が多く用いられている。CSMゴムは、主鎖に2重結合を有しない構造であることから、耐放射線性の観点で優れた素材であるが、直接$$alpha$$線が接触する環境では、劣化の進行が速くなる。プルトニウム燃料製造施設では、グローブボックスにおいてプルトニウム粉末を直接取り扱うことから、グローブの劣化は、主として、グローブ表面に付着したプルトニウム粉末からの$$alpha$$線により生じることになる。そのため、グローブ表面へのプルトニウム粉末の付着を減少させることにより、グローブの劣化の進行を遅らせることができる。そこで、グローブ表面の静電気の発生を抑える導電性グローブを開発・試験し、従来のグローブと比較して、粉末が付着しづらいことを確認した。
The glove used at glove boxes in the nuclear fuel plants is usually made with Chlorosulfonated polyethylene rubber. The rubber is excellent in terms of resistance to radiation because it has no double bond in its main chain of the component, however, it deteriorates rapidly in high dose environment such as direct contact of alpha ray1). Plutonium oxide powder is treated in glove boxes at plutonium fuel facilities where the alpha ray from plutonium oxide power attached on surface of a glove causes the deterioration of the rubber. Therefore the effective method for prevent of the rapid deterioration is to decrease the amount of attached powder, and the glove with conductive property which can prevent static generation on its surface has been developed and tested. The results showed that the rubber has less adherent property to powder compared with conventional one.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2013-017
ページ数 : 45 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20130017
抄録集掲載番号 : 42000247
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This