Sum rule approach to a soft dipole mode in $$Lambda$$ hypernuclei
$$Lambda$$ハイパー原子核のソフト双極子励起モードに対する和則計算法
湊 太志; 萩野 浩一*
Minato, Futoshi; Hagino, Koichi*
和則計算法を用いて、$$Lambda$$ハイパー原子核のソフト双極子励起モードの励起エネルギーを理論的に調べた。このソフト双極子励起モードは、陽子と中性子が引き起こす通常の双極子励起モードとは異なり、$$Lambda$$粒子とコアとなる原子核が引き起こす新しい振動モードである。われわれは、和則値を得るために、Skyrme型の$$Lambda N$$相互作用を取り入れたHartree-Fock法によって導出される基底状態の波動関数を利用し、$$^{16}_Lambda$$Oから$$^{208}_Lambda$$Pbまでのソフト双極子励起モードを計算した。その結果、励起エネルギーは、質量数とともに減少し、$$E_{sdLambda}=26.6A^{-1/3}+11.2A^{-2/3}$$MeVという半経験式によって与えられることがわかった。
Applying the sum rule approach, we investigate the energy of a soft dipole motion in $$Lambda$$ hypernuclei, which results from a dipole oscillation of a $$Lambda$$ hyperon against the core nucleus in contrast to usual dipole motion induced by proton and neutron. To this end, we systematically study single-$$Lambda$$ hypernuclei, from $$^{16}_Lambda$$O to $$^{208}_Lambda$$Pb, for which the ground state wave function is obtained in the framework of Hartree-Fock method with several Skyrme-type $$Lambda N$$ interactions. Our results indicate that the excitation energy of the soft dipole $$Lambda$$ mode, $$E_{sdLambda}$$ decreases as the mass number increases. We find that the excitation energy is well parametrized as $$E_{sdLambda}=26.6A^{-1/3}+11.2A^{-2/3}$$ MeV as a function of mass number A.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physical Review C
: 88
: 6
ページ数 : p.064303_1 - 064303_6
発行年月 : 2013/12
出版社名 : American Physical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20130116
抄録集掲載番号 : 42000190
論文投稿番号 : 13737
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:55.82
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This