東北地方太平洋沖地震に対するHTTR非常用発電機の健全性確認
Integrity check of emergency generator for the HTTR after the Tohoku-Pacific Ocean Earthquake
本間 史隆; 猪井 宏幸; 渡辺 周二; 福谷 幸司*
Homma, Fumitaka; Inoi, Hiroyuki; Watanabe, Shuji; Fukutani, Koji*
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震においては、地震発生直後に発生した商用電源喪失事象により、震度5強の強く長時間の揺れの中で非常用発電機が自動起動したとともに、起動直後においても複数回の強い余震に見舞われた。非常用発電機は、十分な電力を必要な負荷に安定して供給できたが、非常用発電機設備にかかわる被災状況の把握に重点を置いた点検の一環として、ガスタービンエンジンの燃焼状態を確認したところ、燃焼器の一部である燃焼器ライナーに減肉が認められた。減肉は、地震を契機に短時間で発生しており、かつ減肉の様子は運転時間の蓄積後に確認される減肉とは明らかな差異を有しており特異であった。減肉の原因特定及び燃焼器ライナーの仕様変更を行うことで、減肉にかかわる知見の蓄積及び減肉に対する耐力を向上させた。この対策は、さらなる大地震に対する非常用発電機の信頼性向上に資するものである。
Emergency generator of HTTR started in the blackout occurred just after an Tohoku Pacific Ocean Earthquake on March 11, 2011 with an intensity of 5 upper on the Japanese seven stage seismic scale and its duration time was long. In addition, we suffer from multiple severe aftershocks just after the start of emergency generators. Emergency generator of HTTR was able to supply output electric power sufficiently and stably to required loads. We carried on integrity check of the emergency generator for the HTTR after the earthquake. In particular, we put emphasis on finding faults caused by thee earthquake shaking. As a result, we found that the erosion in a combustion liner, and the condition of erosion was very strange and rare. Therefore, we carried out investigations of causes of erosion, and change of specifications for combustion liner to prevent erosion. This measure improve the reliability for the further Large-Scale earthquake.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-034
ページ数 : 57 Pages
発行年月 : 2013/12
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20130034
抄録集掲載番号 : 42000012
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This