Preliminary conceptual design of the secondary sodium circuit-eliminated JSFR (Japan Sodium Fast Reactor) adopting a supercritical CO$$_{2}$$ turbine system, 2; Turbine system and plant size
超臨界炭酸ガスタービンシステムを採用した2次系削除JSFR(Japan Sodium Fast Reactor)の概念検討,2; タービンシステムとプラントサイズ
木曽原 直之; 阪本 善彦; 小竹 庄司*
Kisohara, Naoyuki; Sakamoto, Yoshihiko; Kotake, Shoji*
ナトリウム冷却高速炉の安全性と経済性の更なる向上のために、超臨界炭酸ガスサイクルタービンシステムのJSFRへの適用性を検討した。本検討は、超臨界炭酸ガスタービンシステムを1次ナトリウム系に直結した2次系削除型JSFRに関するものである。超臨界炭酸ガスタービンのシステム構成、ヒートマスバランス、主要機器の設計検討について述べる。また、原子炉建屋とタービン建屋内の機器・配管の配置も検討し、建屋の大きさを評価した。この結果、従来の2次系を有する蒸気タービンを採用したJSFRと比較すると、原子炉建屋容積及びタービン建屋容積は、それぞれ7%、40%削減することが明らかとなった。また、サイクル熱効率は41.9から42.3%であり、水・蒸気システムのJSFRとほぼ同じであることわかった。
JAEA has performed a design study of an S-CO$$_{2}$$ gas turbine system applied to the JSFR. In this study, the S-CO$$_{2}$$ cycle turbine system was directly connected to the primary sodium system of the JSFR to eliminate the secondary sodium circuit, aiming for further economical improvement. This report describes the system configuration, heat/mass balance, and main components of the S-CO$$_{2}$$ turbine system, based on the JSFR specifications. The layout of components and piping in the reactor and turbine buildings were examined and the dimensions of the buildings were estimated. The study has revealed that the reactor and turbine buildings could be reduced by 7% and 40%, respectively, in comparison with those in the existing JSFR design with the secondary sodium circuit employing the steam turbine. The cycle thermal was also calculated as 41.9-42.3%, which is nearly the same as that of the JSFR with the water/steam system.
使用言語 : English
報告書番号 : JAEA-Research 2014-016
ページ数 : 60 Pages
発行年月 : 2014/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20140016
抄録集掲載番号 : 42001034
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This