鉛エミッタを用いた自己出力型$$gamma$$線検出器(SPGD)の開発
Development of Self Powered Gamma Detector (SPGD) with lead emitter
柴田 晃; 武内 伴照; 大塚 紀彰; 斎藤 隆; 小野田 忍; 大島 武; 土谷 邦彦
Shibata, Akira; Takeuchi, Tomoaki; Otsuka, Noriaki; Saito, Takashi; Onoda, Shinobu; Oshima, Takeshi; Tsuchiya, Kunihiko
東京電力福島第一原子力発電所(以降、東電福島第一原発)事故を受け、福島原発廃止措置終了までの主要な現場作業や研究開発等のスケジュールが政府から明示されている。しかしながら、格納容器内の線量が高く、燃料が溶融したデブリの位置を把握することが困難であることが、廃炉に向けた工程の策定において技術的障害となっている。このため、東電福島第一原発格納容器内の$$gamma$$線量率を計測し、燃料デブリの位置等の炉内状況を把握することを目指して、自己出力型$$gamma$$線検出器(SPGD)の開発に着手した。本報告書は、エミッタの形状をパラメータとしたSPGD出力値の形状依存性及び温度依存性を$$gamma$$線照射試験により明らかにし、SPGDの実用化に向けたエミッタ特性評価についてまとめたものである。
The big tsunami wave caused by the Great East Japan Earthquake triggered station black out of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The schedule until ending of the decommission is shown in the guidance from Japanese government. But the dose rate in the reactor vessel is quite high and it is not possible to specify the position of melted fuel debris by visual inspection. That is one of the most important issues in this process. This report describes the development of Self Powered Gamma Detector (SPGD) for the purpose to specify the position of melted fuel debris and situation in the reactor by measuring $$gamma$$ rate in the reactor of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The $$gamma$$ irradiation examinations by changing the parameter of emitters figure were performed and the dependency of SPGD output on emitter shape was summarized.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-043
ページ数 : 24 Pages
発行年月 : 2014/01
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20130043
抄録集掲載番号 : 42000257
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This