Honeycomb Palladium catalyst for the oxidation of tritiated hydrocarbons produced in tritium facilities
トリチウム取り扱い施設で発生するトリチウム化炭化水素の酸化プロセスに適用するハニカム型パラジウム触媒
岩井 保則; 佐藤 克美; 山西 敏彦
Iwai, Yasunori; Sato, Katsumi; Yamanishi, Toshihiko
トリチウム化炭化水素の酸化プロセスに適用できるハニカム型パラジウム触媒を開発した。本研究ではパラジウム担持密度が反応速度に与える影響を精査するため2, 5, 10g/Lの三種類のパラジウム密度を持つ触媒を準備した。本研究では炭化水素としてトリチウム化メタンを使用した。ハニカム型パラジウム触媒におけるトリチウム化メタン酸化の総括反応速度係数を空間速度1000から6300h$$^{-1}$$、メタン濃度0.004から100ppm,触媒温度322から673Kの範囲で流通式反応器を用いて評価した。触媒のパラジウム担持密度がトリチウム化メタン酸化の反応速度に与える影響はわずかであった。試験した空間速度の範囲では総括反応速度係数は空間速度に比例した。総括反応速度係数はメタン濃度が10ppm以下ではメタン濃度に依存しなかった。
We have developed a honeycomb Pd catalyst applicable for the oxidation of the tritiated hydrocarbons. In this study, honeycomb Pd catalysts of three different densities, 2, 5 and 10 g/L, were prepared to investigate the effect of density on reaction rate. Tritiated methane was selected as a typical hydrocarbon. Overall reaction rate constant for tritiated methane oxidation on honeycomb Pd catalyst were determined with a flow-through system as a function of space velocity from 1000 to 6300 h$$^{-1}$$, methane concentration in carrier from 0.004 to 100 ppm, temperature of catalyst from 322 to 673 K. The density of palladium deposited on the base material had little effect on reaction rate for tritiated methane oxidation. The overall reaction rate constant was proportional to the space velocity. The overall reaction rate constant was independent on the methane concentration when it was less than 10 ppm.
使用言語 : English
掲載資料名 : Fusion Science and Technology
: 66
: 1
ページ数 : p.214 - 220
発行年月 : 2014/07
出版社名 : American Nuclear Society
発表会議名 : 16th International Conference on Fusion Reactor Materials (ICFRM-16)
開催年月 : 2013/10
開催都市 : Beijing
開催国 : China
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20131071
抄録集掲載番号 : 42001069
論文投稿番号 : 14713
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This