高速実験炉「常陽」の回転プラグ上バウンダリ構成機器の撤去
Removal of cover gas boundary components on the rotating plug of the experimental fast reactor Joyo
奥田 英二; 鈴木 寿章; 藤中 秀彰
Okuda, Eiji; Suzuki, Toshiaki; Fujinaka, Hideaki
高速実験炉「常陽」では、計測線付実験装置不具合に起因した燃料交換機能の一部阻害に係るトラブルを一つの契機として、ナトリウム冷却型高速炉における原子炉容器内保守・補修技術の開発及び実機適用経験の蓄積を進めている。本作業は、当該トラブルの復旧措置として実施する炉心上部機構交換作業の際に、干渉物となる燃料交換機孔ドアバルブ、旧ホールドダウン軸駆動箱や炉内検査孔(A)ドアバルブを一時撤去するものである。これらは、「常陽」建設以来30年以上据え付けられている設計上交換することが想定されていないバウンダリ構成機器である。本作業を通じ、原子炉容器カバーガス中の放射能濃度が放射線業務従事者の線量限度内に収まることを条件とした原子炉容器での合理的な保守方策を確立した。具体的には、小回転プラグ上面に仮設グリーンハウスを設け、当該雰囲気を負圧とし、原子炉容器カバーガスに不純物混入を防止する手法を開発した。本作業により蓄積された稀少な経験、知見は、ナトリウム冷却型高速炉における原子炉容器内保守・補修技術に大きく資するものと期待される。
With the incident as an opportunity, repair techniques were developed in Joyo. The cover gas boundary components on rotating plug were removed as a preparation work for Joyo restoration work. The removed components are the door valve for fuel handling hole, hold-down shaft driving mechanism and door valve for inspection hole (A). Because these components were designed as the maintenance free. These components haven't been overhauled for more than 30 years since the construction of Joyo. Since the cover gas radioactivity was quite low due to the long time reactor shutdown, the new method was applied in this removal work. In order to prevent the contaminant of impurities in cover gas, the boundary was secured by temporary green house with slight negative pressure. Achievement of this work and accumulated experience will be able to provide valuable insights for further improving and verifying repair techniques in sodium cooled fast reactors.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-038
ページ数 : 42 Pages
発行年月 : 2014/01
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20130038
抄録集掲載番号 : 42000128
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This