廃ゼオライトの長期保管方策の検討; ゼオライト吸着塔を用いた塩分洗浄挙動評価,1
An Investigation for long-term storage of a spent zeolite adsorption vessel; Estimation of washing out salt component in a spent zeolite adsorption vessel, 1
佐藤 博之; 寺田 敦彦; 林田 均; 上地 優; 小林 順; 山岸 功; 森田 圭介; 加藤 千明
Sato, Hiroyuki; Terada, Atsuhiko; Hayashida, Hitoshi; Kamiji, Yu; Kobayashi, Jun; Yamagishi, Isao; Morita, Keisuke; Kato, Chiaki
福島原子力発電所事故の滞留水処理で使用済みとなったゼオライト吸着塔(KURION吸着塔)は、塩分腐食を防ぐために、内部を淡水で洗浄し長期保管されている。しかし、残留する塩分量によっては腐食への影響も懸念されることから、腐食評価のために海水系小規模試験を通して、その洗浄効果の検証を進めている。洗浄状態は対象となる装置に依存することが考えられることから、KURION吸着塔を用いた洗浄試験を実施している。試験は、KURION吸着塔内を1,650ppmNaCl水(1,000ppmCl相当)で満水にした後に容積流量4.5m$$^{3}$$/hで純水を注入して洗浄し、吸着塔の排水から洗浄時のサンプル水を取ってCl濃度を計測した。その結果、吸着塔内のCl濃度は、吸着材充填体積の約2倍の通水量で1,000ppmから0.5ppm以下にまで低下し、KURION吸着塔において洗浄効果が高いことを確認した。
Spent zeolite adsorption vessels in the Fukushima No.1 nuclear power plant are kept for long-term with washing out with fresh water for prevention of corrosion remaining salt component in vessel. However, corrosion result is concerned by residual concentration of salt component, washing out experiment is carried out using actual and unspent adsorption vessel (KURION). KURION adsorption vessel is filled with 1,650 ppm of sodium chloride (1,000 ppm of chloride ion) and washed out with pure water for estimating washing effect in this experiment. Pure water is streamed with volume flow rate 4.5 m$$^{3}$$/h, chloride concentration in vessel is measured with drainage sample water. 1,000 ppm of chloride concentration is decreased till 0.5 ppm and below by washing out with about double pure water volume of adsorbing material filling volume in vessel, washing out is more effective in KURION adsorption vessel.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2013-042
ページ数 : 25 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20130042
抄録集掲載番号 : 42000565
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This