Research and development status on fusion DEMO reactor design under the Broader Approach
BA活動下における核融合原型炉設計に関する研究・開発の進捗
飛田 健次; Federici, G.*; 岡野 邦彦
Tobita, Kenji; Federici, G.*; Okano, Kunihiko
幅広いアプローチ(BA)活動で実施中の原型炉設計の目標は、原型炉で想定可能な物理、工学及びシステム工学における設計課題または選択肢の検討・分析に取組み、この結果を踏まえて実現可能な原型炉概念を開発することである。この活動の一環で、日欧のシステム設計コードのベンチマークが行い、比較的保守的な設計パラメータに対しては両コードがよく一致することを確認した。現在、適用範囲を高ブートストラップ電流割合、高放射損失パワー領域に拡大するための改良を行っている。ダイバータの除熱は原型炉の特に重要な課題であり、デタッチメント、磁場配位の改良による熱負荷低減の研究が進行中である。遠隔保守は、高い稼働率を実現するため、セクター分割及びポートアクセスに関して様々な概念に対する比較検討中である。
The goal of the DEMO reactor design under the Broader Approach (BA) is to develop possible pre-conceptual designs of DEMO by addressing key design issues and options in physics, technology and system engineering for DEMO. The joint work between EU and Japan for the DEMO design started with a benchmark of systems codes. Cross-checking between the EU systems code PROCESS and the JA systems code TPC showed a good agreement for relatively conservative plasma parameters. In parallel, critical design issues on DEMO have been studied. In order to resolve the problem on divertor heat removal, a reduction of divertor heat load due to plasma detachment and advanced divertor concepts such as super-X and snowflake configuration has been investigated. Regarding remote maintenance (RM), various RM concepts based on different sector segmentations and access ports has been studied to allow reasonable plant availability under severe in-vessel dose rate.
使用言語 : English
掲載資料名 : Fusion Engineering and Design
: 89
: 9-10
ページ数 : p.1870 - 1874
発行年月 : 2014/10
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : 11th International Symposium on Fusion Nuclear Technology (ISFNT-11)
開催年月 : 2013/09
開催都市 : Barcelona
開催国 : Spain
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20131419
抄録集掲載番号 : 42001269
論文投稿番号 : 14908
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:8.76
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This