Development of remote pipe cutting tool for divertor cassettes in JT-60SA
JT-60SAダイバータカセット配管用遠隔切断装置の開発
林 孝夫; 櫻井 真治; 柴沼 清; 逆井 章
Hayashi, Takao; Sakurai, Shinji; Shibanuma, Kiyoshi; Sakasai, Akira
JT-60SAはITERへの支援研究及び原型炉に向けた補完研究を担うトカマク型核融合実験装置である。JT-60SAではプラズマから発生するDD中性子による放射化のため真空容器内への人によるアクセスは制限される。そのため真空容器内機器を交換及び修理するために遠隔保守(RH)システムが必要とされている。本発表はJT-60SAのRHシステムに関するものであり、下部ダイバータカセット内の冷却配管の切断装置について述べる。ダイバータカセットを交換する際には、アウトボード側冷却水配管は真空容器内において、遠隔保守システムで切断及び再溶接を行う。切断対象の配管は配管外径:59.7mm、肉厚:2.8mm、材質:SUS316Lであり、空間的制限により配管の内側から切断を行う必要がある。切断はディスクカッター刃及び反力支持ローラを押し出す機構を備えた切断ヘッドを、カッター刃を押し出しながら回転させることにより行う。カッター刃の最大押し出し時の到達径を半径30.5mm(直径換算で$$phi$$61mm)としてヘッド製作及び切断試験を行い、下部ダイバータカセット内の冷却配管の切断が可能であることを示した。
Remote handling (RH) system is necessary for the maintenance and repair of in-vessel components of JT-60SA. Design study of RH system, focusing on the deployment of remote pipe cutting tool for JT-60SA divertor cassette is reported in this conference. Some cooling pipes on the outboard side in the divertor cassette should be cut and welded in the vacuum vessel. The outer diameter, thickness and material of the cooling pipe is 59.7 mm, 2.7 mm and SUS316L, respectively. Cutting tool head equips a disk cutter blade and rollers which are subjected to the reaction force. The cooling pipe is cut by rotating the cutting tool head with pushing out the disk cutter blade. Newly developed cutting tool indicates that the cooling pipe is cut by pushing out the disk cutter blade up to 30.5 mm in radius, i.e. 61 mm in diameter.
使用言語 : English
掲載資料名 : Fusion Engineering and Design
: 89
: 9-10
ページ数 : p.2299 - 2303
発行年月 : 2014/10
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : 11th International Symposium on Fusion Nuclear Technology (ISFNT-11)
開催年月 : 2013/09
開催都市 : Barcelona
開催国 : Spain
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20131282
抄録集掲載番号 : 42001403
論文投稿番号 : 15029
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:57
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This