原子力緊急時支援・研修センターの活動; 平成24年度
Annual report of Nuclear Emergency Assistance and Training Center; April 1, 2012 - March 31, 2013
佐藤 猛; 武藤 重男; 奥野 浩; 片桐 裕実; 秋山 聖光; 岡本 明子; 小家 雅博; 池田 武司; 根本内 利正; 斉藤 徹; 住谷 明雄; 川又 宏之; 長倉 智啓*; 中西 千佳; 平山 悠介; 山本 一也; 佐藤 宗平; 住谷 昭洋; 川上 剛; 菊池 政之; 青木 一史; 中村 耕一; 松坂 勝
Sato, Takeshi; Muto, Shigeo; Okuno, Hiroshi; Katagiri, Hiromi; Akiyama, Kiyomitsu; Okamoto, Akiko; Koie, Masahiro; Ikeda, Takeshi; Nemotochi, Toshimasa; Saito, Toru; Sumiya, Akio; Kawamata, Hiroyuki; Nagakura, Tomohiro*; Nakanishi, Chika; Hirayama, Yusuke; Yamamoto, Kazuya; Sato, Sohei; Sumiya, Akihiro; Kawakami, Takeshi; Kikuchi, Masayuki; Aoki, Kazufumi; Nakamura, Koichi; Matsusaka, Masaru
原子力機構は、指定公共機関として、国及び地方公共団体その他の機関に対し、災害対策又は武力攻撃事態等への対処において、防災業務計画及び国民保護業務計画に則り、技術支援をする責務を有している。原子力緊急時支援・研修センターは、緊急時には、専門家の派遣、防災資機材の提供、防護対策のための技術的助言等の支援活動を行う。また、平常時には、我が国の防災対応体制強化・充実のために、自らの訓練・研修の他、国、地方公共団体、警察、消防、自衛隊等の原子力防災関係者のための訓練・研修、原子力防災に関する調査研究及び国際協力を実施する。平成24年度においては、上記業務を継続して実施するとともに、国の原子力防災体制の抜本的見直しに対し、これまでに培った経験及び東京電力福島第一原子力発電所事故への対応を通じた教訓等を活かし、国レベルでの防災対応基盤の強化に向け、専門家として技術的な支援を行うとともに、当センターの機能の維持・運営及び国との連携を図った自らの対応能力強化などに取り組んだ。なお、福島事故への対応については、人的・技術的な支援活動の主たる拠点が福島技術本部に移行することとなったため、平成24年9月をもって終了した。
When a nuclear emergency occurs in Japan, the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has the responsibility of providing technical support to the National government, local governments, police, fire stations and nuclear operators etc., because the JAEA has been designated as the Designated Public Institution under the Basic Act on Disaster Control Measures and the Act on Response to Armed Attack Situations, etc.. The Nuclear Emergency Assistance and Training Center (NEAT) of JAEA provides a comprehensive range of technical support activities to an Off-Site Center in case of a nuclear emergency. Specifically, NEAT gives technical advice and information, dispatches specialists as required, and supplies the National Government and local governments with emergency equipments and materials. NEAT provides various exercise and training courses concerning nuclear disaster prevention to those personnel taking an active part in emergency response organizations at normal times. The tasks of NEAT, with its past experiences as a designated public institution including the responses to TEPCO's Fukushima Accident, have been shifted to technical supports to the national government for strengthening its abilities to emergency responses; the NEAT therefore focused on maintenance and operation of its functions, and strengthening its response abilities in cooperation with the national government. This annual report summarized these activities of JAEA/NEAT in the fiscal year 2012.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-046
ページ数 : 65 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130046
抄録集掲載番号 : 42000268
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This