平成24年度大型計算機システム利用による研究成果報告集
Summaries of research and development activities by using supercomputer system of JAEA in FY2012; April 1, 2012 - March 31, 2013
情報システム管理室
Information Technology Systems' Management and Operating Office
日本原子力研究開発機構では、原子力の総合的研究開発機関として原子力にかかわるさまざまな分野の研究開発を行っており、これらの研究開発の多くにおいて計算科学技術が活用されている。計算科学技術活用の高まりは著しく、日本原子力研究開発機構における計算科学技術を活用した研究開発の成果は、全体の2割以上を占めるほどに増大しており、大型計算機システムはこの計算科学技術を支える重要なインフラとなっている。平成24年度は、優先課題として位置付けられた福島復興(発電所の廃止措置・環境修復)に向けた研究開発や、高速増殖炉サイクル研究開発、核融合研究開発及び量子ビーム応用研究開発等といった主要事業に大型計算機システムが利用された。本報告は、平成24年度における大型計算機システムを利用した研究開発の成果を中心に、それを支える利用支援,利用実績,システムの概要等をまとめたものである。
Japan Atomic Energy Agency (JAEA) conducts research and development (R&D) in various fields related to nuclear power as a comprehensive institution of nuclear energy R&Ds, and utilizes computational science and technology in many activities. As more than 20% of papers published by JAEA are concerned with R&D using computational science, the supercomputer system of JAEA has become an important infrastructure to support computational science and technology utilization. In FY2012, the system was used not only for JAEA's major projects such as Fast Reactor Cycle System, Fusion R&D and Quantum Beam Science, but also for R&D aiming to restore Fukushima (nuclear plant decommissioning and environmental restoration) as apriority issue. This report presents a great amount of R&D results accomplished by using the system in FY2012, as well as user support, operational records and overviews of the system, and so on.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-036
ページ数 : 261 Pages
発行年月 : 2014/01
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130036
抄録集掲載番号 : 42000263
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This