深度500m研究アクセス北坑道における先行ボーリング調査報告書(12MI27号孔, 12MI33号孔)
Results of pilot borehole investigation in -500m access/research gallery-north (12MI27 and 12MI33 boreholes)
露口 耕治; 黒岩 弘; 川本 康司; 山田 信人; 大貫 賢二; 岩月 輝希; 竹内 竜史; 尾方 伸久; 須藤 正大; 見掛 信一郎
Tsuyuguchi, Koji; Kuroiwa, Hiroshi; Kawamoto, Koji; Yamada, Nobuto; Onuki, Kenji; Iwatsuki, Teruki; Takeuchi, Ryuji; Ogata, Nobuhisa; Suto, Masahiro; Mikake, Shinichiro
本報告書は、深度500m研究アクセス北坑道における先行ボーリング(12MI27号孔, 12MI33号孔)の調査結果を取りまとめたものである。調査では、地質学的,水理学的,地球化学的データを取得するとともに、12MI33号孔では第3段階の再冠水試験のための地下水の水圧・水質モニタリング装置を設置した。調査の結果、割れ目の少ない中粒から粗粒の等粒状組織を示す黒雲母花崗岩が分布し、岩級はCH$$sim$$B級である。また、12MI33号孔では当初モデルで推定していなかった断層ガウジを伴う小規模断層が認められた。主立坑断層に近い12MI27号孔での割れ目密度は、12MI33号孔に比べ大きくなる傾向がある。孔内湧水は両孔ともに少ない。透水係数は、非変質帯で湧水量が少ない区間で4.8E-10$$sim$$6.1E-09m/sec、非変質帯で湧水量が多い区間で1.1E-07$$sim$$2.7E-07m/secの範囲であった。地下水の水質は、Na, Clに富む水質であった。
This document summarizes the data of pilot boreholes (12MI27, 12MI33) in the -500m Access/Research Gallery-North. The geological, hydraulic and geochemical data were obtained. In addition, groundwater monitoring system was installed in closure test gallery for the flooding test in phase III research. The results of investigation, biotite granite with medium to coarse-grained equigranular texture are characterized. Rock mass classification is B from CH class. Minor fault with fault gouge that was not presumed by an original model are observed in 12MI33. Density of fracture in 12MI27 near the Main-shaft fault tends to be compared to 12MI33. Water inflow in both boreholes is less. Permeability ranges from 4.8E-10 to 6.1E-09m/sec at the zone without alteration and with low inflow, from 1.1E-07 to 2.7E-07m/sec at the zone without alteration and with high inflow, respectively. Groundwater chemistry is rich in Na and Cl ion.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-044
ページ数 : 89 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20130044
抄録集掲載番号 : 42000258
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This