Experimental verification of models assessing Eh evolution induced by corrosion of carbon steel overpack
炭素鋼オーバーパックの腐食によるEh変動評価モデルの実験的検証
坂巻 景子; 片岡 理治; 前田 敏克; 飯田 芳久; 鴨志田 美智雄; 山口 徹治; 田中 忠夫
Sakamaki, Keiko; Kataoka, Masaharu; Maeda, Toshikatsu; Iida, Yoshihisa; Kamoshida, Michio; Yamaguchi, Tetsuji; Tanaka, Tadao
地層処分環境下において人工バリアの一つであるオーバーパックは地下水と接触し、腐食する。処分場閉鎖直後は、酸素が存在するため酸化的雰囲気であるが炭素鋼の腐食等で酸素が消費され還元性雰囲気になると考えられる。酸化還元電位(Eh)の低下は廃棄中に含まれる$$^{79}$$Se等の地球化学的挙動に影響するため、地層処分の安全評価を行う上で重要な評価項目である。本研究では、Eh変動を模擬する炭素鋼腐食試験を行い、その結果を用いてEh変動評価モデルの妥当性を検証した。ベンチマーク計算では最近公表された知見を反映したモデルも用いて、2ケースの計算を行った。それぞれのケースでEhを決定づける酸化還元反応は異なったが、Eh評価結果には大きな差はなくいずれのケースも300日以降において実験値と整合した。
Corrosion experiments of a carbon steel plate embedded in bentonite mixture were conducted toverify our models assessing Eh evolution induced by corrosion of carbon steel overpack. Theexperimental results showed that the Eh decreased for the first 200 days and was subsequentlystabilised at around -450 mV; corrosion products were identified as magnetite and Fe waspresent mostly as divalent Fe within a 5 mm range from the carbon steel plate. Reactive transportmodelling was performed to assess the Eh evolution in the system using kinetic dissolution modelfor metallic iron and thermodynamic equilibrium models for other chemical reactions and closelyreproduced the experimental results. The models were verified only under the conditionsemployed in this study.
使用言語 : English
掲載資料名 : Corrosion Engineering, Science and Technology
: 49
: 6
ページ数 : p.450 - 454
発行年月 : 2014/09
出版社名 : Maney Publishing
発表会議名 : 5th International Workshop on Long-Term Prediction of Corrosion Damage in Nuclear Waste Systems (LongTermCorr 2013)
開催年月 : 2013/10
開催都市 : Asahikawa
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 原子力規制庁
 
登録番号 : BB20131612
抄録集掲載番号 : 42001056
論文投稿番号 : 14700
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This