Numerical simulation on the long-term variation of radioactive cesium concentration in the North Pacific due to the Fukushima disaster
福島第一原子力発電所の事故に起因する放射性セシウム濃度の北太平洋における長期の数値シミュレーション
川村 英之; 小林 卓也; 古野 朗子; 碓氷 典久*; 蒲地 政文*
Kawamura, Hideyuki; Kobayashi, Takuya; Furuno, Akiko; Usui, Norihisa*; Kamachi, Masafumi*
2011年3月に起こった福島第一原子力発電所の事故に起因する放射性セシウムが北太平洋に与える影響を評価するため、長期間の海洋拡散シミュレーションを行った。放射性セシウムの海洋への放出量は海洋モニタリングデータから見積もり、大気から海表面への沈着量は大気拡散シミュレーションにより計算した。放射性セシウムに汚染された主要海域は事故から1 年後には西経170$$^{circ}$$を通過して、北太平洋の中心海域にまで広がったと示唆された。事故から2.5年後には、北太平洋のほとんどの海域で$$^{137}$$Cs濃度は事故以前の値にまで希釈されたと示唆された。
Numerical simulations on oceanic radioactive cesium dispersions in the North Pacific were conducted with a focus on the long-term variation of the radioactive cesium concentration after the Fukushima disaster. It was suggested that the $$^{137}$$Cs concentration had already been reduced to the pre-Fukushima background value in the wide area within the North Pacific 2.5 years after the Fukushima disaster.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Environmental Radioactivity
: 136
:
ページ数 : p.64 - 75
発行年月 : 2014/10
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20130400
抄録集掲載番号 : 42001078
論文投稿番号 : 14722
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:25.17
分野:Environmental Sciences
Altmetrics
Add This