超深地層研究所計画における研究坑道での湧水量計測; (2004$$sim$$2011年度)データ集
Monitoring of groundwater inflow into research galleries in the Mizunami Underground Research Laboratory Project (MIU Project); From fiscal year 2004 to 2011
佐藤 成二; 尾方 伸久; 竹内 竜史; 武田 匡樹
Sato, Seiji; Ogata, Nobuhisa; Takeuchi, Ryuji; Takeda, Masaki
日本原子力研究開発機構東濃地科学研究ユニットでは、「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、岐阜県瑞浪市において結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を進めている。本計画は、「地表からの調査予測研究段階(第1段階)」、「研究坑道の掘削を伴う研究段階(第2段階)」、「研究坑道を利用した研究段階(第3段階)」の3段階からなる。研究所用地における第1段階の調査研究は、2002年度から2004年度まで実施され、2004年度からは第2段階の調査研究が、2010年度から第3段階の調査研究が開始されている。第2段階の調査研究では、「研究坑道の掘削を伴う調査研究による地質環境モデルの構築および研究坑道の掘削による深部地質環境の変化の把握」を段階目標の一つとして調査研究を実施しており、その一環として、研究坑道内への湧水量計測を2005年2月から実施している。本データ集は、2004年度から2011年度までに実施した研究坑道内での湧水量計測で取得したデータを取りまとめたものである。
The MIU Project has three overlapping phases: Surface-based Investigation phase (Phase I), Construction phase (Phase II), and Operation phase (Phase III). The MIU Project has been ongoing the Phase II and started the Phase III in 2010 fiscal year. One of the Phase II goals, which is for the project goal, was set to develop and revise models of the geological environment using the investigation results obtained during underground facilities excavation, and to determine and assess changes in the geological environment in response to excavation. The groundwater inflow monitoring into shafts and research galleries has been continued to achieve the Phase II goals. This document presents the results of the groundwater inflow monitoring from fiscal year 2004 to 2011.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2013-020
ページ数 : 38 Pages
発行年月 : 2014/01
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20130020
抄録集掲載番号 : 42000131
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This