浅地中埋設処分施設に供する遮水工部材の長期耐久性試験
Durability test of geomembrane liners presumed to avail near surface disposal facilities for Low-level waste generated from research, Industrial and Medical facilities
仲田 久和; 天澤 弘也; 坂井 章浩; 黒澤 亮平; 菅野 直弘*; 加島 孝浩*; 坂本 義昭
Nakata, Hisakazu; Amazawa, Hiroya; Sakai, Akihiro; Kurosawa, Ryohei; Kanno, Naohiro*; Kashima, Takahiro*; Sakamoto, Yoshiaki
埋設事業推進センターが設置を計画している研究施設廃棄物の浅地中処分施設においては、埋設設備として比較的濃度のレベルの低い廃棄物を埋設するコンクリートピット型埋設設備と極めて放射能濃度のレベルの低い廃棄物を埋設するトレンチ型埋設設備を設けることとしている。このうち、トレンチ型埋設設備においては、埋設する廃棄物中に含有する生活環境影響物質の観点から、素掘りのトレンチ埋設設備と、これに遮水工部材を具備した設備の2種類の埋設設備を設置する予定である。遮水工部材は、長期にわたり自然環境条件に曝されることから、埋設設備の設計にあたっては、その長期耐久性に係る基本特性を事前に把握しておくことが必要である。本報告書は、研究施設等廃棄物の浅地中処分施設の概念設計で用いた遮水工部材(遮水シート)を対象として、耐候性試験により透水性,引張強さを測定し、遮水シートの劣化特性値と時間との関係を確認して、将来の浅地中埋設処分施設の基本及び詳細設計に活用するものである。
The Low-level Radioactive Waste Disposal Project Center will construct near surface disposal facilities. The disposal facilities consist of concrete pit type for low-level radioactive wastes and trench type for very low level radioactive wastes. As for the trench type disposal facility, two kinds of facility designs are on projects -one for normal trench type disposal facilities and the other for trench type disposal facilities with geomembrane liners that could prevent from causing environmental effects of non radioactive toxic materials. This study examined mechanical strength and permeability properties to assess the durability on the basis of an indoor accelerated exposure experiment targeting the liner materials presumed to avail the conceptual design so far. Its results will be used for the basic and detailed design henceforth by confirming the empirical degradation characteristic with the progress of the exposure time.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2013-036
ページ数 : 47 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20130036
抄録集掲載番号 : 42000401
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This