福島技術開発試験部年報; 平成24年度
Annual report on operation and management of Department of Fukushima Technology Development; From April 1, 2012 to March 31, 2013
福島技術開発試験部
Department of Fukushima Technology Development
原子力科学研究所福島技術開発試験部は、炉心損傷した東京電力福島第一原子力発電所原子炉の廃止措置に向けた安全及び基礎技術についての研究活動を支援するために、平成24年に設けられた。福島技術開発試験部は、臨界実験施設4施設及び核燃料使用ホット施設13施設などを含む22の研究施設の運転管理を担当し、これら施設ではウラン及びプルトニウムといった核燃料物質と種々の放射性同位元素が取り扱われている。本書は平成24年度のこれら施設の運転管理に係る主要な活動をまとめたものである。
The Department of Fukushima Technology Development in the Nuclear Science Research Institute was established in 2012 to support research activities on safety and basic technologies toward the decommissioning of Fukushima-Daiichi Nuclear power reactors whose cores were severely damaged. Our department is in charge of operation and management of 22 research facilities including 4 critical facilities, 13 nuclear fuel material usage facilities, and so on, in which nuclear fuel materials such as uranium and plutonium, and various radioactive isotopes are handled. This report describes major activities on operation and management in our facilities during April 1st, 2012 to March 31st, 2013 (i.e. Japanese fiscal year 2012).
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-047
ページ数 : 161 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130047
抄録集掲載番号 : 42000269
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This