幌延地域を対象とした10mグリッド数値標高モデルを用いた精密地形解析図の作成
Precise topographic analysis using 10m grid DEM in the Horonobe area
酒井 利啓; 松岡 稔幸; 天野 健治
Sakai, Toshihiro; Matsuoka, Toshiyuki; Amano, Kenji
日本原子力研究開発機構幌延深地層研究センターでは、深部地質環境の調査・解析・評価技術の基盤の整備を目標の一つとして北海道幌延町において幌延深地層研究計画を進めており、その一環として地質環境モデルに関する調査・解析技術の開発を行っている。日本全国を対象とした10m間隔グリッドの数値標高モデルが近年国土地理院より公開され、これにより広域を対象にほぼ均質な精度で微地形の検討ができるようになった。このことから、地質環境モデル構築のためのデータセット整備の一環として、幌延町周辺の地形・地質特性を評価するための基礎データを得ることを目的に、10mグリッド数値標高モデルを利用して地形を可視化する18種類のフィルタ画像データを作成した。
The Horonobe Underground Research Laboratory (URL) Project is being pursued by the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) at Horonobe-cho in Northern Hokkaido, Japan. One of the main goals of the URL project is to establish techniques for investigation, analysis and assessment of the deep geological environment. As a part of this URL project, we develop the geological environment modeling technique. 10m grid digital elevation model (DEM) had been published by Geographical Survey Institute in 2008. The use of 10m grid DEM has made possible examination of detailed topographical features in wide area. We created eighteen kinds of filterd image data using 10m grid DEM around the Horonobe-cho to obtain the basic information for evaluating topographical and geological features and constructing the geological environment model.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-005
ページ数 : 43 Pages
発行年月 : 2014/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140005
抄録集掲載番号 : 42000598
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This