Estimation of neutron cross-sections for $$^{16}$$O up to 5.2 MeV through R-matrix analysis
R行列理論解析に基づく5.2MeVまでの中性子エネルギーに対する$$^{16}$$O断面積の推定
国枝 賢; 河野 俊彦*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; 柴田 恵一; 深堀 智生
Kunieda, Satoshi; Kawano, Toshihiko*; Paris, M.*; Hale, G. M.*; Shibata, Keiichi; Fukahori, Tokio
核反応断面積の測定値間に食い違いが見られるケースは珍しくない。これは評価済み断面積における誤差の要因となり、最終的には積分計算における不確かさとなって現れる。酸素-16は原子力工学において重要な原子核の一つであるが、中性子弾性散乱や(n,$$alpha$$)反応断面積においては、測定値間に系統的な差異がある等の問題が指摘されている。本研究では、R行列理論とよばれる厳密な核反応理論を用いて測定データを解析することにより、中性子共鳴領域における上述の問題を解決した。さらに、推定した断面積に現実的な誤差・共分散データを与えた。会議では本研究成果を報告すると共に、得られた解析値と測定値間の違いについて議論する。
There still remain differences among measured data, which makes the evaluated cross-sections uncertain, and which consequently affects some integral calculation. $$^{16}$$O is one of the important nuclei in the nuclear application, but such kinds of issues appears in elastic-scattering and (n,$$alpha$$) reaction cross-sections. Purpose of this study is to solve those issues as they are common concerns in the world. We present estimated cross sections and their covariance data which are "physically" constrained by the R-matrix theory. The differences between the estimated and the measured cross-sections will be also discussed.
使用言語 : English
掲載資料名 : NEA/NSC/DOC(2014)13 (Internet)
:
:
ページ数 : p.33 - 39
発行年月 : 2014/07
出版社名 : OECD/NEA
発表会議名 : International Collaboration on Nuclear Data, A workshop of the Collaborative International Evaluated Library Organization (NEMEA-7/CIELO)
開催年月 : 2013/11
開催都市 : Geel
開催国 : Belgium
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20132130
抄録集掲載番号 : 43001035
論文投稿番号 : 16147
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This