超深地層研究所計画(岩盤力学に関する調査研究)深度300mおよび深度400mにおける岩盤力学調査
Mizunami Underground Research Laboratory Project; Rock mechanical investigations in situ stress measurements and laboratory tests using core on the GL.-300m and GL.-400m level of research galley
丹野 剛男*; 佐藤 稔紀; 真田 祐幸; 引間 亮一*
Tanno, Takeo*; Sato, Toshinori; Sanada, Hiroyuki; Hikima, Ryoichi*
岩盤力学に関する調査研究では、「深部地質環境の調査・解析・評価技術の基盤の整備」の一環として、安全評価の観点から、「掘削影響領域の地質環境特性の把握」を個別目標に設定しており、設定された目標に対して、[1]掘削影響領域の範囲の把握、[2]掘削影響領域の物理・力学特性分布の把握、[3]掘削影響領域の応力状態の把握を課題に掲げている。また、地下空洞の設計・施工の観点から、「地下空洞の力学安定性の把握」を個別目標に設定しており、設定された目標に対して、[4]応力場の把握、[5]岩盤の物理・力学特性の把握、[6]不連続構造などの有無の把握を課題に掲げている。本報告は、瑞浪超深地層研究所の深度300mおよび深度400mで実施した岩盤力学に関する調査研究、(1)深度300mおよび深度400mを対象とした室内物理・力学試験、(2)深度300mにおける円錐孔底ひずみ法による初期応力測定(3)深度300mおよび深度400mにおけるボーリングコアを用いた初期応力測定、の結果をまとめたものである。
In the rock mechanical investigations, the research aims at "Characterization of geological environment in the Excavation Disturbed Zone (EDZ)" from the viewpoint of safety assessment. For the research, the specific data of the EDZ. The research also aims at "Characterization of geomechanical stability around tunnel " from the viewpoint of design and construction of underground facilities. This report presents the results of following rock mechanical investigations conducted at the GL.-300m and GL.-400m Level of Research Galley. (1) Laboratory tests using core and block samples obtained at the GL.-300m and GL.-400m Level of Research Galley, (2) Measurement of Compact Conical-ended Boerhole Overcoring (CCBO) method at the GL.-300m Level of Research Galley, (3) In-situ stress measurements using core-based methods at the GL.- 300m Stage.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2013-044
ページ数 : 257 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20130044
抄録集掲載番号 : 42000251
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This