Estimating fission-barrier height by the spherical-basis method
球形基底法による核分裂障壁計算
小浦 寛之 
Koura, Hiroyuki
核分裂障壁を計算する新しい方法を考案した。原子核のポテンシャルエネルギー障壁をKTUY質量公式計算に用いた球形基底の方法で計算する。対象変形形状のもとでの計算において、核分裂障壁が系統的に高い領域($$^{252}$$Fm近傍)、低い両領域($$^{278}$$Ds近傍)を指摘し、その物理的起源を球形基底法の枠内で議論した。超重核領域での系統的な計算を行い、未知中性子欠損超重核領域における原子核の存在領域について調べ、$$N$$=228付近に、ある程度の寿命で存在しうる核種が存在する可能性を指摘した。
A new method of estimating fission barrier heights is presented. Potential energy surface is calculated with the spherical-basis method, which is based on construction of the KTUY mass formula. Under a restriction of symmetric fission, some higher (neighboring $$^{252}$$Fm) and lower (neighboring $$^{278}$$Ds) fission barrier regions are found, and the origin of these appearances is discussed in the framework of the spherical-basis method. Systematical properties of fission barrier heights are studied in the unknown neutron-deficient superheavy nuclear mass region, where the nuclear fission governs the limit of existence of nuclei.
使用言語 : English
掲載資料名 : Progress of Theoretical and Experimental Physics (Internet)
: 2014
: 11
ページ数 : p.113D02_1 - 113D02_10
発行年月 : 2014/11
出版社名 : Oxford University Press
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20130603
抄録集掲載番号 : 42001454
論文投稿番号 : 15080
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:59.5
分野:Physics, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This