Evaluation of neutron induced reaction cross sections on Rh isotopes
ロジウム同位体に対する中性子誘起反応断面積の評価
岩本 信之
Iwamoto, Nobuyuki
ロジウム同位体に対する中性子核データは最新版であるJENDL-4.0では分離共鳴の評価のみが行われた。ロジウム安定同位体と高速中性子との核反応により、核医学にとって有用となり得る放射性核種($$^{99}$$Tc)が生成されるため、その生成量評価の信頼性向上のためにも分離共鳴より高いエネルギー領域におけるロジウム中性子核データの改訂が必要である。本研究ではロジウム同位体($$^{103,105}$$Rh)の中性子誘起核反応断面積評価を原子核反応計算コードCCONEを利用して行った。入射エネルギー範囲は1keVから20MeVまでを考慮した。評価は利用可能な天然ロジウム($$^{103}$$Rh)の実験データ(全断面積、弾性散乱断面積、捕獲断面積、($$n$$,2$$n$$), ($$n$$,$$p$$), ($$n$$,$$alpha$$)反応断面積、弾性散乱角度分布、$$gamma$$線放出スペクトル)と計算結果とを比較検討することで行い、実験データをよく再現する結果が得られた。
Neutron nuclear data on Rh isotope in the energy region above resolved resonances were not revised in the latest version of JENDL-4.0. Radioactive nuclides, which could become important to nuclear medicine, are produced by nuclear reaction on stable Rh isotope. In this work neutron induced reaction cross sections on $$^{103,105}$$Rh were evaluated by using nuclear reaction calculation code CCONE. The incident energy range was considered from 1keV to 20 MeV. The evaluation was made by comparing the calculated results with available experimental data of the total, elastic scattering, capture, ($$n$$,2$$n$$), ($$n$$,$$p$$), ($$n$$,$$alpha$$) reaction cross sections, angular distributions of elastically scattered neutrons and $$gamma$$-ray emission spectra. The present results well explain the experimental data.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2014-002
:
:
ページ数 : p.110 - 116
発行年月 : 2015/02
出版社名 :
発表会議名 : 2013年度核データ研究会
開催年月 : 2013/11
開催都市 : 敦賀
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20132286
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 16143
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This