幌延深地層研究計画; 平成24年度地下施設計測データ集
Collection of measurement data in 2012 fiscal year at the Horonobe Underground Research Laboratory Project
稲垣 大介
Inagaki, Daisuke
日本原子力研究開発機構は、幌延深地層研究計画に基づき、地下施設の建設とともに第2段階の調査研究を実施している。本調査研究では、計測データを当該切羽や後続施工箇所の設計・施工にフィードバックする情報化施工プログラムを適用しており、掘削ごとに岩相および割れ目などの壁面観察や、エコーチップ硬さ試験および点載荷試験等の原位置試験を行い、さらに特定断面では覆工コンクリート応力測定および地中変位測定等のデータを取得している。また、これらのデータを用い、第1段階で実施した地下施設の設計の妥当性評価を実施している。本報告書は、2012年度(平成24年度)に施工した東立坑と350m調査坑道で得られた調査・計測データをとりまとめたものである。
In the Horonobe Underground Research Laboratory (URL) Project, construction of the Ventilation Shaft, the East and West Access Shafts and the drifts has been conducted as a phase II research. In the research, observation of the lithofacies and fractures, and in-situ tests are conducted in each face. In addition, measuring instruments such as tunnel lining concrete stress meter and extensometer are installed in particular face for the purpose of the validation of the results of predictive analysis, conducted in phase I. This report summarizes the measurements data acquired at the East shaft and the 350 m Gallery.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2013-022
ページ数 : 116 Pages
発行年月 : 2014/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20130022
抄録集掲載番号 : 42000414
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This