第28回ふげん廃止措置技術専門委員会資料集
Document collection of the 28th Technical Special Committee on Fugen Decommissioning
忽那 秀樹; 岩井 紘基; 水井 宏之; 門脇 春彦; 中村 保之
Kutsuna, Hideki; Iwai, Hiroki; Mizui, Hiroyuki; Kadowaki, Haruhiko; Nakamura, Yasuyuki
原子炉廃止措置研究開発センター(以下「ふげん」という。)は、廃止措置技術開発を計画・実施するにあたり、「ふげん」を国内外に開かれた技術開発の場及び福井県が目指すエネルギー研究開発拠点化計画における研究開発拠点として十分に活用するとともに、当該技術開発で得られる成果を有効に活用することを目的として、原子力機構内外の有識者で構成される「ふげん廃止措置技術専門委員会」を設置している。本稿は、平成25年9月24日に開催した第28回ふげん廃止措置技術専門委員会において報告した"廃止措置の状況"、"レーザ切断工法の実機適用に向けた切断試験状況及び今後の計画"、"基礎架台コンクリート等への放射性物質等の浸透性に係る検討"、"トリチウム除去における常温真空乾燥及び重水残留量の推測法の実機適用"及び福島第一原子力発電所の廃止措置技術に係る「ふげん」の取組み状況として報告した"福島第一原子力発電所の炉内解体を想定した熱的及び機械的切断技術による適用性試験"について、資料集としてまとめたものである。
Fugen Decommissioning Engineering Center has been establishing "Technical special committee on Fugen decommissioning" which consists of the members well-informed, aiming to make good use of Fugen as a place for technological development which is opened inside and outside the country. This report compiles presentation materials "The Current Situation of Fugen Decommissioning", "The Current Status of the Cutting Test toward the Practical Use of Laser Cutting Technology and the Future Plan", "Study on Radioactive Substance Osmosis for Basis Concrete of Equipment", "Verification Tests of the Room-Temperature Vacuum Drying and the Evaluation Method of Residual Amount of Heavy Water in the Tritium Removal" and "Applicability Test of Thermal and Mechanical Cutting Technology for the Dismantlement of the Internal Core of Fukushima Daiichi NPS", presented in the 28th Technical special committee on Fugen decommissioning which was held on September 24, 2013.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2013-049
ページ数 : 49 Pages
発行年月 : 2014/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20130049
抄録集掲載番号 : 42000271
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This